電気設備工事を通じて社会に貢献し、私たちの未来を拓く

    努力と成長

    2015/4/1
            施工部 有谷大輔
            施工部 有谷大輔
     施工部所属の有谷大輔です。
    今年も早いもので、もう桜が咲く季節になりました。年頭に掲げた今年の目標は「自分の役割を明確にし、会社の為に与えられたノルマ以上の仕事を達成する」ですが、1年の1/4が過ぎた今、この目標を達成する為に努力しているかというと自信を持って「努力している。」とは言えません。「自分の役割を明確にし」というのは、その時々で自分が何をやるべきか、やらなければいけないのか、自分の先の行動を理解する事と考えます。「与えられたノルマ以上の仕事を達成する」というのは、ただ現場に出て作業をすればいいのではなく、如何にして人件費・材料費を下げて、効率良く作業できるか、また品質向上の為にどのように施工するのがいいのか、絶対に事故をしない為にどのような対策をするべきか、品質、安全の向上、コストの削減案などを考え実行していく事と思います。そして更にその事を社内で水平展開する事に意味があります。まだまだ未熟者の私ですが、現場や会社が「もっともっと良くなる為に」もっともっと考えて、発信していかなければいけないと思っています。「ぼー」と毎日を過ごしてはいけない。「あっ」という間に1年が過ぎてしまいます。時間を大切にして日々向上していく自分となるように切磋琢磨努力していきます。
    話は変わりますが、今 我が家を新築中です。我が家が少しずつできていく状況を見るのが楽しみで毎日仕事が終わったあと寄って帰ります。監督さんや職人さん達が、とても親身に相談に乗ってくれて、施主としてはとても嬉しく思います。この気持ちを忘れず、私も仕事をしている時に、お客様に会ったら明るいあいさつを交わし、また要望や相談事にも積極的にのらせて頂き、「松川電気に仕事を依頼して本当に良かった!」と言ってもらえるような対応ができる自分づくりを今後も心掛けていきます。



    一覧へ戻る