電気設備工事を通じて社会に貢献し、私たちの未来を拓く

    「進化とともに」

    2018/10/01
       施工部 三枝典之
       施工部 三枝典之
    皆様、こんにちは。施工部の三枝典之です。月日の経つのは本当に早いもので今年もあっという間に10月となり、ブログの掲載も3回目となりました。
    さて、先月9月には台風21号が近畿地方に上陸し、暴風雨による被害が相次ぎました。そして、北海道厚真町を震源とするM6,7、最大震度7の大地震もあり、暗いニュースが続き、被災者の方々の事を想うと本当に胸が痛みました。
    その中で、明るいニュースもあり、女子テニスの全米オープンでハイチ人を父に持つ大阪なおみ選手が日本人として初めて4大国際大会で優勝をしました。自分も学生の頃からテニスをやってきましたので、同じ日本人としても本当に嬉しく、そして感動しました。
    さて、話は変わりますが、自分は松川電氣に入社して27年になります。自分が入社した時には携帯電話が無く、ポケットベルを持ち歩き、公衆電話で連絡をとる時代でした。それが今では携帯電話やパソコンが普及し、時代の流れとその進化に本当に驚いています。自分が携わっている電気業界も日々進化し、LED照明やLAN、太陽光発電などが普及し、次から次へと新しいものが出てきています。その進化を傍観しているだけではなく、遅れをとらないように自分なりに勉強し知識をつけながら高品質の施工を心掛け、今後の自分の成長に繋げていきます。そして、感謝の気持ちを持って今まで以上に会社と社会に貢献していきたいと思いますので今後とも宜しくお願いいたします。



    一覧へ戻る